各委員会からの連絡 新着順に表示しています

   令和2年定例春の役員会・幹事会中止のお知らせ 

令和2425()に開催予定の定例春の役員会・幹事会は新型コロナウイルスの影響に配慮して中止とさせて頂きます。

(令和2年4月1日 事務局長 山部)

定例 秋の「役員会」及び「幹事会」開催のご案内 

拝啓 秋分の候、皆様方にはご健勝にてお過ごしのことと拝察致します。日頃は、会の運営に格別のご支援とご協力を賜り厚く御礼を申し上げます。
さて、標記の「役員会」及び「幹事会」を下記の要領にて開催致します。ご多忙のところ恐縮ですが、是非ご出席賜りますようご案内申し上げます。
敬具

・日時:令和元11月16日(土)13:00~16:00
・場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)千代田区九段北 4−2−25 マップ
TEL:03−3261−9921
役員会 13 00 14 00
議題 (幹事会にかける以下の議題についての審議)
1. 第33回総会・懇親会収支報告
2. 第34回総会・懇親会準備状況
3. 各委員会報告
4. その他
幹事会 14 00~16 00
議題 役員会に同じ
※ 出欠のご連絡は【担当:山部光男】に10月31日(木)までに必ずお願い致します。
TEL&FAX:042−725−5018
携帯電話:090−2646−4808
E-mail  :tanbo.878@gmail.com

以上 

(令和元年9月末日 事務局長 山部)

第33回竹田高校関東同窓会総会 慰労会・反省会報告 

令和元年7月14日、アルカディア市ヶ谷(私学会館)にて第33回総会(6月29日開催)に対する慰労会・反省会が開催されました。
今期の当番幹事(S53年卒)から一年間の活動経緯や苦労話の報告に続き、出席者全員で活発な意見交換を行い、次期当番幹事(メイン:S54年卒及びサブ:S44年卒)への引き継ぎを行いました。

・開催日:令和元年7月14日(土)12:00~15:00
・場所:アルカディア市ヶ谷 7階 琴平
・出席者(敬称略):
S53年卒(今期当番幹事) 宮木勢、金子知美、土元登志子

S63年卒(今期当番幹事) 参加者なし

S44年卒(次期当番幹事) 高橋公俊、都俊夫

S54年卒(次期当番幹事) 佐保哲郎、松本貴美子
学年幹事 堀正孝(S42)、鈴木敬子(S51)、後藤章仁(S52)

相談役 佐藤映之、用正靖彦、松良修二

監 事 菅紀代巳

役 員 菅博敏、井手得郎、栗田信子、田部修士、都俊生、上野聖展、羽田野耕一、内藤賢一、衛藤淳、川口弘展、保坂斎子、後藤修

司 会 後藤修(企画委員長)

会次第

1. 会長挨拶(菅会長)
第33回総会・懇親会の盛大、かつ順調な運営に対して今期当番幹事と役員への労いのお言葉がありました。

2. 総会収支報告(羽田野総務委員長)
未処理の経費があるため速報値として総会収支が報告されました。収入の部は総会会費会員 (228名、うち現役大学生会員(無償:2名))と来賓(14名)/恩師(1名)からの御祝儀/寸志など。支出の部は会場費、イベント出演、 総会案内状の通信費などであり、ここ数年赤字が続いている旨の報告がありました。
確定値は秋の役員会/幹事会で再度報告予定です。          

3. この一年間を振り返って(宮木当番幹事ほか各当番幹事)
第33回総会・懇親会を担当された宮木さん(S53年卒、当番幹事リーダー)及び同期の金子さん、土元さんから、この一年の活動経緯や苦労の裏話が報告されました。
内容としては、懇親会イベントが53年卒に芸達者が多く、同期3名のアーティストに初期段階で決定したこと、及び前年度から引き継いだ「運営概要」を修正することで早めに役割分等が把握できたのでその点では苦労はなかったが、販売物品の内容決定に苦労したことが報告されました。また販売コーナー、受付係、写真班や竹田から駆けつけ応援頂いた方々への謝辞がありました。    

4. 意見交換(出席者全員)
今回の第33回総会・懇親会は大盛会であり、出席役員から当番幹事の皆さんの御活躍、御苦労に対して感謝の言葉が多数ありました。特にオペラについては感動したとの声が多く聞かれました。関東同窓会総会は、例年200名超の会員出席があり、在京大分の高校同窓会の中でもトップクラスの母校愛と組織力を保持しており、今後さらに総会・懇親会を充実して行くために下記の改善点・要望の提案がありました。

<改善点・要望>
・各役員及び学年幹事に早い時期から集客状況をメール周知したことは増員に寄与した。
・同一テーブルに異なる学年を配置した取り組みは良かった。
・全員での校歌を斉唱する際は壇上にリードする方がいたほうが良い。また、ストームの輪が作り難いので大きく広がるようにアナウンスするとか、二重の輪にする等を考えたほうかよい。
・総会にもう少し時間をかけてもいいのではないか。
・全員参加型の企画もほしい。
・バイキング方式は皆さんが群がっており見苦しいので、配膳方式(弁当等)にしてはどうか。
・料理が少なくあっという間になくなってしまうので、2回目の追加があることや、どこに何があるのか(団子汁はどこ等)、また料理を両方向から列をなして取っており、途中でバッティングするため一方向から並ぶようにと指示してもらいたい。
・学生(参加無料)が朝から準備に来てくれたのは良かった。
・遠方の方は早朝より出かけてくるので、懇親会(食事)を早くしてほしい。
・同窓会は同期との懇親を楽しみにしているので、ショーだけに時間を割くのは考えてもらいたい。
・イベントは懇親会の中でやる方が良い。
・物品販売は、セット物より単品の方がよく売れた。
・一部役員は食事もとれない状態となるため、その点を改善する必要がある。

5. 次期開催会場について
近年の総会収支で赤字が続いていることから、開催会場の見直しを検討しました。
相見積を取り検討しましたが、200名超の会場は1年前からすでに予約が確定しており、他会場は高額な所も多いので、仮差押え済みの東京プリンスホテルを次年度も利用し、次々年度以降の会場選定は引き続き継続することとなりました。

6. 次期当番幹事紹介
次期第34回総会・懇親会の企画を担当していただく当番幹事(S44年卒2名とS54年卒2名)の自己紹介と決意表明がありました。(本来であれば、次期当番幹事に平成元年卒が加わっていただくところですが、該当者(参加者)がおられませんでした。)

第1回の当番幹事会は 9月7日(土) 14:00-16:00 日本パーカーライジング(株)で開催予定となりました。(会議後、9月28日(土)に変更になったことを補足します。)

以上 

(令和元年年7月14日 企画委員長 後藤 修)

竹田高校関東同窓会幹事会 議事録 

・開催日:平成31年4月13日(土)13:30~15:20
・場所:アルカディア市ヶ谷 6階 貴船
・出席者(36):
<役員(16名)>
菅会長、麻生副会長、栗田副会長、井手副会長、用正相談役、松良相談役、都幹事長
菅監事、後藤監事、坂本顧問、羽田野総務委員長、内藤総務副委員長、高橋組織委員長
濱口組織副委員長、川島組織副委員長、川口広報副委員長
<学年幹事(20名、敬称略)>
津田美枝(S27)、高橋房枝(S31)、高橋勝和(S32)、服部恭一(S34)、桃渓謙次郎(S37)
田部厚(S40)、大阪好美(S40)、中神章彦(S41)、後藤章一(S41)、後藤十四生(S42)
堀正孝(S42)、伊藤忠明(S44)、高橋博子(S44)、日高慶記(S46)、村上泰子(S49)
山下千香子(S50)、阿南久美子(S50)、鈴木敬子(S51)、後藤章仁(S52)、首藤久雄(S53)

1.審議事項および結果について

(1) 次期役員体制について     
・次期役員体制について現役員体制を継続することについて審議し承認されました。本件は総会で最終的に承認をいただきます。
・川辺浩克さん(S63年卒)が広報副委員長に選任されたことについて承認されました。

(2) 次年度からの当番幹事構成について  
・次年度当番幹事(S54年卒および平成元年卒)が手薄であることに加え、平成卒会員の絶対人数が少ないため今後もこの状況が続くことが想定されることから、現行の60歳、50歳の2学年による当番幹事構成を変更し、70歳、60歳、50歳、の3学年による当番幹事構成にすることについて審議され承認されました。
・次年度からは、中心となる60歳の学年が70歳、50歳の学年と緊密に連携し共同で当番幹事を務めていただくことになります。

(3)平成30年度年間収支、維持会員状況、平成31年度予算案について 
・平成30年度年間収支、維持会員状況、平成31年度予算案について報告されました。
・総会収支が平成30年度は赤字になっており、会場費等を抑えていくことが重要になっています。全体収支にも配慮しながら改善に努めていきます。
・今後、会場手配時には相見積もりを取ることとしました。

(4) 新規ホームページについて  
・竹田高校関東同窓会ホームページで利用しているサーバーの提供会社が平成31年3月末でサービスを停止することを受けて新たなサーバー提供会社の選定をしたこと、およびこの機会に同ホームページを新規に制作したことが報告されました。
・プロジェクターを使用して、竹田高校関東同窓会新規ホームページの機能強化項目、改善項目などについて説明がされました。 
(5) 第33回総会懇親会準備状況について
・懇親会イベントについてパンフレットを使って説明がされました。
・組織委員長から各学年幹事の皆さんに同級生に総会出席の声掛け・お誘いをお願いしました。

(6) 広報委員会活動報告
・会報誌「臥牛」2019年春号(第57号)について、新企画として「恩師からの便り」がスタート(第1回:高山誠一先生)することが報告されました。
・大志文庫について、今年も継続して図書の贈呈がされていることが報告されました。また、高校生の同文庫の利用状況について確認中であることが報告されました。   
2.出席された学年幹事の皆さんから頂いたご意見など
(1)当番幹事の担当は終わったと思っていたがもう一度担当することになり重荷を感じるが、また多くの同級生が集まる機会になり良い面もある。

(2) 新しいホームページを活用して総会参加者拡大に役立てたい。

(3) 「虎は死して皮を留め、人は名を残す」と言うけど、財産も名声もない私たちは何を残したらいい・・?
良い思い出を残すことが良いのでは? 同窓会を楽しいものにして良い思い出を残したい。

(4) 総会の席は年次別に配置されているが、高齢者だけで固まらないように年次をミックスして配置してはどうでしょうか? 足腰の弱い高齢者に食べ物を取ってあげることや孤独にならないよう会話の相手をするなど、若年層が高齢者のサポートができるような仕組みにしたい。

(5) 先輩とお話しする機会があると大変勉強になる。是非、総会でも年次をミックスした配置に賛成です。

(6) 竹田に帰ったときは必ず竹田高校を訪問するようにしている。高校生が修学旅行などで上京した時は大学訪問や企業訪問などのお世話をしてあげたい。

(7) 高齢になってくると同級生の参加者も年々減ってくる。できるだけ声をかけて参加するようにしたい。

(8) 参加したことのない人に電話をかけて総会への参加を促しているが、なかなか効果が少ない面がある。やはり仲の良い友人のネットワークを広げることで効果がある。

(9) 新しいホームページは機能も良くなっているし、平成年次会員への参加推進に役立つのではないか。facebookなどとリンクさせて活用したい。

(10)同窓会に参加して良かったと思えるようなものにしていきたい。

(11)当番幹事のときに他学年から協力を頂いたきっかけで年次を超えて懇親会を定期的にやっている。

(12)昨年の当番幹事の経験だが、釣り銭が不足したので、「釣り銭の要らないように会費を持ってくるよう」、総会案内に記載しておくことを薦めます。

(13)ホームページを通じて会員の紹介をお願いし、報告があれば「臥牛」会報を送るなどして関東同窓会への参加を呼びかけてはどうか。

以上 

(平成31年4月13日 幹事長 都俊生)


定例 春の「幹事会」開催のご案内

平成31年2月吉日

役員・学年幹事 各位 

大分県立竹田高等学校関東同窓会
会長 菅 博敏

拝啓 立春の候、皆様方にはご健勝にてお過ごしのことと拝察致します。日頃は会の運営に格別のご支援とご協力を賜り厚く御礼を申し上げます。
さて、標記の「幹事会」を下記の要領にて開催致します。ご多忙のところ恐縮ですが、是非ご出席を賜りますようご案内申し上げます。

敬具

・日時:平成31年4月13日(土)  13:30〜15:30
・場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)
     千代田区九段北 4−2−25
     TEL:03−3261−9921

議題
1.次期役員体制について
2.今後の当番幹事体制・イベント対応等について
3.新ホームページについて
4.第33回総会懇親会準備状況について
5. 各委員会報告について
6. その他

 

以上
事務局長(山部)

定例 春の「役員会」開催のご案内

平成31年2月吉日

役員 各位 

大分県立竹田高等学校関東同窓会
会長 菅 博敏

拝啓 立春の候、皆様方にはご健勝にてお過ごしのことと拝察致します。日頃は会の運営に格別のご支援とご協力を賜り厚く御礼を申し上げます。
さて、標記の「役員会」を下記の要領にて開催致します。ご多忙のところ恐縮ですが、是非ご出席を賜りますようご案内申し上げます。

敬具

・日時:平成31年3月10日(日)  13:00〜15:00
・場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)
     千代田区九段北 4−2−25
     TEL:03−3261−9921

議題
1.次期役員体制について
2.今後の当番幹事体制・イベント対応等について
3.新ホームページについて
4.第33回総会懇親会準備状況について
5. 各委員会報告について
6. その他

 

以上
事務局長(山部)


平成30年 秋の役員会及び幹事会開催報告 


平成30年11月11日、アルカディア市ヶ谷(私学会館)で秋の役員会・幹事会(出席29名:役員17名、学年幹事12名) 

が開催されました。議事内容は下記の通りで、大変活発な議論が交わされました。 

日 時: 平成30年11月11日(日) 13:00~16:00 

場 所: アルカディア市ヶ谷(私学会館) 
東京都千代田区九段北 4-2-25 TEL 03-3261-9921 

<議題> 0. 会長挨拶(菅会長) 
冒頭、菅会長より会議開催の挨拶と平素の当会活動協力への謝辞がありました。 

1. 第32回総会収支報告及び維持会員の状況について(報告:羽田野総務委員長) 
・第32回総会は会費会員228名、来賓15名、恩師2名、柳亭市馬(S55年卒)師匠独演会や故郷クイズなど盛会。総会収支は会場費の予算オーバーを除き、ほぼ予算通リ。 
・平成30年度維持会員は新規22名、死亡・退会9名で合計529名(実質13名増)。 
10末現在で今年度の維持会費納入者は256名/288口という状況報告があった。 

2. 第33回総会・懇親会準備状況(宮木当番幹事/S53年卒) 
・過去2回の当番幹事会(S53年卒/S63年卒)でアトラクションは、ほぼ確定した。 
S53年卒のオペラ歌手/倉原佳子さん、フォークグループ/TAKE OUT、ストリートダンサー/広瀬桂子さんの出演を検討中。 
・今後、総会・懇親会全体のタイムスケジュール、ふるさと物産の販売品などを検討していく。次回当番幹事会は11月23日開催予定。 

3. 各委員会報告(特別審議事項) 
(1)ホームページの今後の対応について(報告:羽田野HP管理者) 
・現在当会HPを置くyahoo!ジオシティーズが来年3月末でサービス停止になる事を受け、今後の対応案として①HP廃止、②別のレンタルサーバーに現状移行、③別のレンタルサーバーにリニューアル構築、④SNSツールで代替、⑤竹田高校同窓会HPに関東同窓会情報を投稿する、の5案が提案された。 
・パソコン/スマホで当会HPを見ている会員は必ずしも多くはないかもしれないが、当会活動の情報発信/共有の場として継続する方向となり、川辺さん(S63年学年幹事/当番幹事)の協力を得てリニューアル構築する事が決定した。 

(2)広報委員会報告(報告:衛藤広報委員長) 
・12月発行予定の臥牛56号は11/20校了で作業中で、メールベースの校正を予定。 
・今年度の大志文庫推薦図書は12月末締め切り。 
・臥牛投稿活性化案としてエッセイ・コンテスト企画が提案され、趣旨賛同が得られたが、表彰する案は見送りとなった。 

(3)修学旅行生との交流について(報告:都幹事長) 
・恒例の母校修学旅行生との交流が12月10日(月)9:00-11:00 オリエンタルホテル東京ベイで開催され、母校側から記念講話のアジェンダが提示されている。 
・卒業後上京する後輩は減少しており、この機会に先輩(特に若手)から後輩達に伝えたい自分の経験やメッセージなど、意見を求めたい旨の説明があった。 
⇒参加者や当日の進め方などは、都幹事長が調整する。 

(4)総会・懇親会での高齢者表彰について(報告:後藤企画委員長) 
・過去の総会・懇親会の慰労会で、出席された高齢者の表彰又は記念品贈呈などを検討すべきではないかという意見があり、今後の対応について審議した。 
・第32回の出席者ベースでは卒寿(90歳)以上1名、米寿(88歳)以上1名、85歳以上12名が対象者になるが、欠席者との不平等感や毎年表彰の可能性などもあり、「xx周年」の区切り開催時に当会功労者を表彰する案を継続検討していく。 

4. 自己紹介&近況報告 
出席者全員(役員&学年幹事)が自己紹介と近況報告を行った。 

(今回は会議終了後の懇親会写真を掲載します)。  
★写真はクリックすると拡大します。


以上 

(平成30年11月18日 総務委員会(羽田野)





平成30年度 当番幹事会(第1回)報告 


平成30年度初回の当番幹事会が開催され、総会・懇親会運営における役割分担や運営方法、前回の反省点・課題の確認と 今後の進め方、イベント企画案などについて協議しました。 

日 時: 平成30年9月8日(土) 14:00~15:30 

場 所: 日本パーカーライジング株式会社 2F会議室 
東京都中央区日本橋1-15-1 

出席者: S53年卒(今期当番幹事) 志賀辰也、首藤久雄、山部光男(※)、麻生真紀、金子知美 
(敬称略) S63年卒(今期当番幹事) 川辺浩克 

役 員 菅博敏(会長)、麻生三郎(副会長)、井手得郎(副会長)、栗田信子(副会長)、 
都俊生(幹事長)、山部光男(事務局長(※))、羽田野耕一(総務委員長)、後藤修(企画委員長) 
保坂斎子(企画副委員長)、内藤賢一(総務副委員長) 

司 会 後藤修(企画委員長) 

会次第 1. 会長挨拶(菅会長)/自己紹介 
菅会長より、初回会合に多数の出席をいただいた今期当番幹事の皆さんに謝辞のお言葉があり、続いて全員の自己紹介を行いました。 

2. 議事録の作成について(後藤企画委員長) 
当番幹事会での検討経緯は議事録の形で残すように、後藤企画委員長より当番幹事(S53年卒)にお願いがありました。 

3. 総会・懇親会の運営について(羽田野総務委員長) 
新役員や初めて当番幹事を担当する皆さんも出席されていますので、総会・懇親会における役割分担や概略予算規模、前回総会・懇親会の反省点/課題などの説明がありました。 

4. 当番幹事運営概要(内藤総務副委員長) 
内藤総務副委員長(昨年度の当番幹事代表)より、過去の当番幹事から引き継がれた当番幹事運営概要の資料説明がありました。当該資料は、別途電子ファイルの形式で今期当番幹事に送付される予定です。 

5. 年間スケジュールについて(後藤企画委員長) 
当番幹事会は、昨年と同様に原則として毎月第2または第3土曜日の14:00開催とする事になりましたが、利用させていただく日本パーカーライジング株式会社会議室と菅会長の御都合で 毎回調整/通知することになりました。当番幹事会は、企画担当役員と当番幹事の出席を必須とし、その他の役員の出席は任意である事が確認されました。 

6. イベント企画案について(当番幹事) 
今期当番幹事(S53年卒)同窓生には、オペラ歌手(倉原桂子さん)やフォークグループ(TAKE OUT) などアトラクション招聘の候補者がいる事が紹介されました。また、竹8シネマプロジェクトやダンスエンターテーメント「Dreaming」などが紹介され、今後、費用や所要時間、会場都合などによる実施可否の詳細を詰めて秋の役員会・幹事会に答申する事になりました。 

<現状の候補案> 
1)倉原 桂子(S53年卒) オペラ歌手、神奈川県在住、今年の竹田会にもゲスト出演予定 
2)TAKE OUT(S53年卒) 志賀哲哉/高山浩昭/和田啓のフォークソング3人組、大分県在住 
3)竹8シネマプロジェクト 昭和時代に撮影された竹田の古い8mmを編集したものを投影 
4)Dreaming!(仮) 夢と魔法の国のダンスエンターテーメント、ディズニーソング 
5)バンプーダンス S53年卒生に候補者あり 
6)竹田物産品販売 毎年恒例の物産品販売(実施可否は今後検討) 

なお、総会/アトラクション/懇親会の三部構成にするか、アトラクションを懇親会の中で実施する二部構成にするかも含めてアトラクションを選定していくことになりました。 

7. 次回開催予定 
第2回当番幹事会は10月20日(土)14:00-16:00日本パーカーライジング㈱会議室の予定です。 
★写真はクリックすると拡大します。





以上 

(平成30年9月11日 企画委員会(後藤 修)

 


第32回竹田高校関東同窓会総会 慰労会・反省会報告 


2. 総会収支報告(羽田野総務委員長) 
未処理の経費があるため速報値として総会収支が報告されました。収入の部は総会会費(228名) 
と来賓(15名)/恩師(名)からの御祝儀など。支出の部は会場費、イベント出演料(柳亭市馬師匠独演会)、総会案内状の通信費など。確定値は秋の役員会/幹事会で再度報告予定です。 

3. この一年間を振り返って(内藤当番幹事) 
第32回総会・懇親会を担当された内藤さん(S52年卒、当番幹事リーダー)、及び戸林さん(S62年卒、当番幹事リーダー)から、この一年の活動経緯や苦労の裏話が報告されました。 

その他の当番幹事の皆さんからも、同様の報告がなされました。内容としては、懇親会イベントの内容 決定に苦労したこと、今回は昭和55年卒の柳亭市馬落語協会会長の落語で段取り等に苦労し、また郷土クイズの設問作成にも苦労したが、総会に参加して頂いた同窓生からは大変好評であったことで一年の苦労が報われたとの苦労話が報告されました。 

また販売コーナー、受付係、写真班や竹田から駆けつけ応援頂いた方々への謝辞がありました。 

4. 意見交換(出席者全員) 
今回の第32回総会・懇親会は大盛会であり、出席役員から当番幹事の皆さんの御活躍、御苦労に対して感謝の言葉が多数ありました。特に柳亭市馬師匠の落語は大変好評で皆さんがひきつけられたとの感想が多数聞かれました。 

関東同窓会総会は例年200名超の会員出席があり、在京大分の高校同窓会の中でもトップクラスの母校愛と組織力を保持しており、今後さらに総会・懇親会を充実して行くために下記の改善点・要望の提案がありました。 

<改善点・要望> 
・次期当番幹事が一年間苦労しないよう、運営要領のデータベースを引き継ぐこと 
・近年、総会収支が総会徴収費を上回っていることから、今後会場変更等を検討すること 
・総会&出し物の時間に冷水を提供したことは評価できるため継続すること 
・高齢出席者は、バイキング形式での食事を取りに行くことが困難なため、補助する方を付けること 
(高齢者と若い世代を同一テーブルにすることも一考) 
・当番幹事及び一部役員は、当日食事もとれない状況にあり、今後は負荷が高い当番幹事や一部役員も楽しめる会にしてもらいたい 

5. 次期当番幹事紹介 
次期第33回総会・懇親会の企画を担当する当番幹事(S53年卒3名)の自己紹介と決意表明がありました。 
S63年卒の当番幹事は、この慰労会に参加できませんでしたが、当番幹事会には参加予定を確認済です。 

平成30年の第1回の当番幹事会は下記の通り開催予定です。 

日時: 9月8日(土)14:00-16:00 場所:日本パーカーライジング(株)会議室 
★写真はクリックすると拡大します。




以上 

(平成30年7月19日 企画委員会(後藤 修)


平成30年 春の役員会及び幹事会開催報告 


平成30年4月21日、アルカディア市ヶ谷(私学会館)で春の役員会・幹事会(出席39名:役員19名、学年幹事20名) 

が開催されました。議事内容は下記の通りで、大変活発な議論が交わされました。 

 

日 時: 平成30年4月21日(土) 13:00~16:00 

場 所: アルカディア市ヶ谷(私学会館) 
東京都千代田区九段北 4-2-25 TEL 03-3261-9921 

<議題> 0. 会長挨拶(菅会長) 
平素の活動協力への謝辞、昨年11月の母校120周年記念イベントへの出席報告 
(母校寄贈アンプに対する感謝状、大志文庫の現状など)と母校修学旅行生との交流会の模様が報告された。 

1. 平成29年度収支報告及び平成30年度予算案について(報告:羽田野総務委員長) 
・年間収支は特別支出(法被製作、母校120周年記念寄贈)の為 赤字決算。 
・平成30年度予算案は過去実績ベースを基本とし、年間収支はプラスを目指す原案に対し、新規事業予算の施行可否が集中審議され保留となった。 

2. 第32回総会・懇親会準備状況(内藤当番幹事) 
・開催日時:平成30年6月30日(土)11:30~、場所:東京プリンスホテル 
・アトラクションは柳亭市馬師匠(昭和55年卒)独演会に決定(臥牛55号掲載済)。 
・受付開始10:40、総会開始11:30、柳亭市馬師匠独演会12:10、懇親会13:00~。 
・当番幹事の自主運営で竹田の和菓子を物産販売。また恩師も招待予定。 

3. 各委員会報告 
総務委員会:維持会員状況(現状:516名、昨年度維持会費納入者297名など)。 
内藤賢一氏(S52年卒)が総務副委員長に推薦され、承認された。 
企画委員会:欠席 
組織委員会:平成1年以降の会員掘り起こし及び臥牛会(ゴルフ)参加要請あり。 
広報委員会:臥牛55号発行準備状況、第4回大志文庫寄贈本についての報告。 

4. 自己紹介&近況報告 
出席者全員(役員&学年幹事)が自己紹介と近況報告を行った。なお、菅会長より学年幹事の皆さんに本部活動への積極的な参加のお願いと、年二回開催の幹事会に出席された場合は議事内容や他学年の状況などを自分が担当する学年内に情報展開してほしい旨の依頼があった。 
★写真はクリックすると拡大します。


以上 

(平成30年4月22日 総務委員会(羽田野)



 修学旅行生との交流会を開催しました(報告)  


修学旅行生と関東同窓会会員との交流会を下記の通り開催しました。 

竹田高校2年生147名を前に、関東同窓会会員から自己紹介を兼ねて高校時代の思い出や故郷に対する想い、母校後輩達に期待することなどについて語っていただきました。 

その後、質疑応答を行いましたが、積極的に手を挙げて質問する生徒が続き活発な交流会となりました。 

 

記 

1.日時 平成29年12月11日(月) 午前8時15分~9時15分 

2.場所 オリエンタルホテル東京ベイ 3階大宴会場オリエンタル 

3.出席者 竹田高校:木戸孝明校長、高橋憲一教諭、他教諭5名、生徒147名 
(敬称略) 
関東同窓会:菅博敏(会長)、井手得郎(副会長)、栗田信子(副会長) 

都俊生(幹事長)、高橋敏政(組織委員長)、岩男暁子(62年卒) 
★写真はクリックすると拡大します。



以上 

(平成29年12月11日 幹事長(都 俊生)


    


 120周年記念寄贈に対する母校からの感謝状  


1897年(明治30年)創立の母校竹田高等学校は今年創立120周年を迎え、11月11日に盛大な記念行事が開催されました。 

関東同窓会では、役員会・幹事会で記念品贈呈品の選定を協議し、母校側の希望も考慮して「キャリングアンプ」を寄贈しました。記念式典当日、出席された菅会長に木戸校長より感謝状の贈呈がありましたので寄贈品のアンプ写真と合わせて披露させていただきます。 

大分県下で1897年(明治30年)創立の旧制中学兄弟校は、臼杵高校、杵築高校が共に創立120周年を迎えました。 

現状大分県立高等学校は53校まで減っていますが、竹田高等学校関東同窓会は歴史ある母校を誇りに思い、母校後輩の活躍を願い、母校発展に貢献していきたいと思います。 
★写真はクリックすると拡大します。



  
以上 

(平成29年12月8日 総務委員会(羽田野 耕一)




 菅会長の叙勲を祝う会(報告)  


平成29年度春の叙勲で竹田高校関東同窓会の菅博敏会長が瑞宝中綬章を受賞されました。その叙勲を祝う会が佐藤相談役が発起人、松良相談役が世話人として役員有志に呼びかけ、12月1日(金) NEC芝倶楽部にて開催されました。 

昭和40年卒の菅会長は、防衛大学校から自衛隊に奉職され、長年に亘り災害支援や日本国の防衛に携わり、東部方面隊のトップを最後に退官されました。その功労が認められた叙勲ですが、関東同窓会としても大変名誉な事として参加者全員が喜びを分かち合いました。菅会長の瑞宝中綬章叙勲、誠におめでとうございました。 

日 時: 平成29年12月1日(金) 17:30~21:00 

場 所: NEC芝倶楽部 4F 藤の間 

出席者: 菅会長、長吉相談役、佐藤相談役、用正相談役、松良相談役、井手副会長、栗田副会長 
(敬称略) 加藤顧問、菅監事、後藤(猛)監事、都幹事長、羽田野総務委員長、後藤(修)企画委員長 
高橋組織委員長、衛藤広報委員長 

会次第: 司会(松良相談役) 

1. 開会挨拶/出席者紹介(松良相談役) 

2. 祝辞(長吉相談役) 

3. 御挨拶(菅会長) 

4. 花束贈呈(栗田副会長) 

5. 乾杯(佐藤相談役) 

6. 懇親会 

歓談の中で、叙勲時の写真回覧や同じ荻町出身の高橋組織委員長から荻町の神童と言われた菅会長のエピソードが紹介され、以降出席者が順次お祝いの挨拶を行い、時節がら忘年会を兼ねた和やかな会の中締めとなりました。 
★写真はクリックすると拡大します。
 






以上 

(平成29年12月3日 総務委員会(羽田野 耕一)